シルクラアジア貿易株式会社

MAINTENANCE メンテナンス

アフターケアがとっても大事な手織り絨毯。一度メンテナンスやクリーニングすれば百年以上使うこともできます。最近大切な絨毯をお客様ご自身の判断によるお手入れ方法によりダメにしてしまうケースが多くみられます。 私たちがすすめているのは何千年も受けつがれてきた現地の方が行っている正しい方法で絨毯を 正しくクリーニング・メンテナンスをすること。
日本人にはない感覚や知識、方法で全てを知り尽くした現地熟練職人の手作業ですべて行います。
それは決して無駄のない、手織り絨毯にとって一番最適な方法なのです。
わが社の職人は現地TOPレベルの方たちを各専門分野ごとに集め、日本に来日してもらいました。

自社工房をアクセスの良い関東に構え、年間3000件以上の実績、全国の百貨店や家具屋などからの
ご注文から個人のお客様まで幅広く対応しております。その出来栄えと仕上がりを見れば
納得していただける事と思います。 
我々は日本NO.1の絨毯クリーニングをお客様に提供します。
是非この機会に、シルクラアジアのクリーニング・メンテナンスをお試しください。

  • メンテナンス1
  • メンテナンス2
  • メンテナンス3
  • メンテナンス4

シルクラのクリーニングポイント

安心 早い 綺麗 丁寧 信頼

このようなお悩みを持つお客様是非お問合せください!

  • ペットによる汚れや臭いでお困りのお客様
  • 国外、観光などで購入した絨毯やカーペットでどうしたらよいか困ってるお客様
  • 他社でクリーニングを出したが、出来上がりにご不満があるお客様
  • 高級な絨毯を以前に購入し、状態が酷くなっているので処分を考えてるお客様
  • 他店でお見積りをだしていて、その費用でお悩みのお客様

クリーニング業者様からもご注文お受けいたします。

お客様から依頼を受けた絨毯のクリーニングに失敗してしまった業者の方。
クリーニング中に傷つけてしまった絨毯修理も承ります。
メールでのお問い合わせはこちら
Before & After Gallary
  • Before&After1
  • Before&After2
  • Before&After3
  • Before&After4
  • Before&After5
  • Before&After6
  • Before&After7
  • Before&After8
  • Before&After9
  • Before&After10
  • Before&After11

納品までの流れ

納品までの流れ

価格

■クリーニング

大量の水と専用の特殊な洗剤を使い絨毯の汚れをパイルの根元から取り除きます。
(ダニ防止や消臭効果あり)

ペルシャ絨毯
シルク ¥8.000/㎡
ウール ¥6.000/㎡

■補修/修理/交換

熟練したペルシャ絨毯職人の手作業による
本格的なお直しで、
大切な手織り絨毯を末永く。

フサ エッジ
シルク ¥15.000/㎡ ¥9.000/㎡
ウール ¥10.000/㎡ ¥7.000/㎡

その他各種豊富なメンテナンスサービスがご用意しております。
お気軽にご相談ください。

■引き取りサービス

指定範囲内関東商品引取り伺いの場合、一律 ¥1,500

絨毯のお手入れ Q & A

普段のお手入れは、どうしたらいいですか?
普段は週に2~3度掃除機をかけていただけば充分です。その際に、気をつけていただきたい点が2点あります。まず1点は、最近の掃除機の吸引力は強いものが多いので、フサの部分を掃除する時にフサを巻き込んで切ったりしないよう注意していただくのと、2点目は掃除機をかける最後には毛足が寝るように一方向で掃除機をかけていただくことです。毛足が揃っていると綺麗に見えますし、ごみ・ホコリが毛足の根元に入りにくくなります。
粘着テープのカーペットクリーナーは使って大丈夫ですか?
なるべくならお使いにならないようおすすめします。週に1度程度なら良いですが、頻繁に粘着テ-プでごみを取っているとテープの糊が絨毯に付着して、逆にごみやホコリが付きやすくなってしまいます。
絨毯にコーヒーやお茶などをこぼしてしまったら?
あわてずに乾いたタオルやティシュなどで叩いて水分を吸い取ってください。その際には、決してタオルなどでこすらないようにしてください。こすることは汚れと水分を広げていることと同じですので、叩くようにしてください。吸い取っても汚れやシミになってしまった場合は、当店にご連絡ください。処置が早ければ早いほど、汚れ・シミが取りやすくなります。
日当たりのよい場所に敷いても大丈夫ですか?
どんなに高価な絨毯でも日に焼けない絨毯はありません。日のよく当たるお部屋でお使いの場合にはこまめに絨毯の敷く向きを変えていただいたり、お出かけの際にはカーテンを閉めておくなど注意が必要です。
夏には絨毯をしまいたいのですが?
本来であれば例えウールの絨毯でも1年中お使いいただきたいのですが、どうしても暑い夏には敷きたくないという場合には、絨毯を毛が寝ている方向から巻いて丸めていただいて日の当らない場所に保管してください。出来れば床から離して横に置いて保管する方法がベストです。防虫剤をお使いになる場合は、変色させる防虫剤もありますので充分ご注意ください。
梅雨時や夏に注意することは何ですか?
梅雨時や夏場は湿気がさらに増しますので、たまに絨毯の端を持ち上げて絨毯と床の間に空気を通してあげてください。また、絨毯を裏返しにして陰干ししていただくと効果的です。
絨毯の裏に皮のベルトが付いていますが取ってもいいですか?
このベルトは滑り止めと勘違いされている方が多いのですが、絨毯が湿気を吸ってイカのように丸まるのを防ぐ為に付けている反り止めです。ご家庭で敷いて1~2年して日本の気候に馴染んだらベルトは外してください。外さないでいるとベルトの厚みで絨毯の表面に跡がつくことがあります。

手織り絨毯は、長い年月をかけ織り子や職人達が精魂込めて作り上げた芸術品でもあります。その芸術品である絨毯を長く奇麗にお使いいただく為にも、日頃のお手入れを頭の片隅にでも置いていただけると、絨毯を敷いている方もその絨毯もちょっと幸せになれるかもしれません。

メールでのお問い合わせはこちら
  • 手織り絨毯を末永くお使いいただく為に。メンテナンス